レーザー脱毛。アレキサンドライトとダイオードはどう違う?

広範囲の照射で、施術時間の短いアレキサンドライト

まずは、アレキサンドライトレーザーによる脱毛ですが、こちらはアレキサンドライトという宝石を使って、毛のメラニン色素に高出力のレーザーを照射する施術方法になります。レーザー光は肌表面を透過するため、毛根のみに反応して体毛を焼き切る、という処置法になります。約1センチ角という広い範囲にレーザーを当てるために、処理時間が短くてすむのが最大のポイントでしょう。施術のさいには、冷却ガスを吹き付けながら処置を進めていくため、皮膚が熱を持ちにくくやけどを起こしにくいという特徴があります。一般的に日本人向けの施術方法、と言われたりもしますね。痛みの少なさから選ぶのでしたら、こちらでしょうか。

波長が変えられ、うぶ毛にも効くダイオード

一方のダイオードレーザーによる脱毛では、半導体を使ってレーザー光を照射するため、波長を変えることが出来るのが特徴です。毛根にレーザーを照射して毛を焼き切る、という点ではアレキサンドライトと同様ですが、波長を長くすれば集中的にレーザー光を照射することが出来るため、日焼け後や色黒の人でも処置可能な機種がある、というメリットがあります。アレキサンドライトに比べると、うぶ毛に対する効果も高いと言われています。レーザーの照射範囲は、どちらかというと狭いため、施術時間は多少長めになります。肌質や体毛の質、体毛の量などによってきめ細かな対応を求めているなら、こちらの機種でしょうか。

総合的な比較とまとめ

アレキサンドライトとダイオードを比べた場合、どちらも高出力のレーザーを毛根に照射する、という点ではあまり変わりありません。気になる違いということになると、結局のところどっちが痛いの?どっちがお得なの?ということになってくるのだろうと思います。筆者はどちらの治療も受けたことがありますが、感覚的に書くとダイオードでは「ばちん」、アレキサンドライトでは「ぷしゅっ」という感じでした。出力で言えば、ダイオードのほうがアレキサンドライトよりも高くなっています。痛みは、アレキサンドライトの方が少なく感じました。要するに、痛みや施術回数は、肌質や肌の色、毛の量によっても変わってくる、と言ったほうが良いでしょう。実際にカウンセリングを受けてみて、自分に合っていそうなら、試しに受けてみる、合っていないなら別の方法に変えてみる、というのが一番かなと思います。

医療レーザー脱毛は、国内でも安全性の高さが魅力であり、施術中の痛みが少ないことも人気の秘訣といえます。