やっと分かった!ヒアルロン酸の謎を解きます!

ヒアルロン酸って何?

人間の皮膚は大量の細胞からできています。その1つ1つは独立したものではなく繋がりあっていて、水分を確保することにより、その繋がりは滑らかなものとなります。この滑らかな状態を我々は保湿と呼んでいるのです。逆に水分を確保できず、繋がりがぎこちなくなっている状態が乾燥です。ヒアルロン酸はここの水分を確保する役割を持っているのです。すなわち、ヒアルロン酸には乾燥を防ぎ、保湿をしてくれる優れた作用があるということです。

ヒアルロン酸はどうやって体内に入れるの?

非常に人体に良い影響を与えるヒアルロン酸ですが、外から取り入れるには基本的に注射を用いることになります。注射に関しては医療機関によって特に細い針を使ったり、麻酔薬を使ったりそれぞれ微妙に異なる方法で施術します。多くの医療機関ではホームページに詳細を載せているので、自分に合いそうなところを選ぶのが良いでしょう。ヒアルロン酸はコラーゲンと異なりアレルギー反応がないため、幅広い方におすすめできるのも特徴です。

ヒアルロン酸の注意点とは?

ヒアルロン酸はそもそも体の中に存在するものです。それを外から足すだけなので大きな問題は起こりにくくなっています。しかしながら、医療機関によってはヒアルロン酸に余計な物を入れているところがあります。「なんでわざわざ余計な物を・・」と思われるかもしれませんが、効果を長く持続させるためなどそのクリニックなりの工夫と言えます。ところが、その工夫が逆効果になってしまうことがあるのです。前述の通りヒアルロン酸は体内にある物質です。その物質を敢えて体内のものとは違う状態にして注入するのでリスクが増えてしまうのです。もちろん、クリニックによってはより効果を増幅させることに成功したところもありますので、口コミなどを確認してから施術を受けることをおすすめします。

加齢とともに減っていくヒアルロン酸は、女性のみずみずしい肌を保つためにはとても大切な成分です。乾燥だけではなく、しわやたるみの予防にもつながります。