筋トレするならコレ!簡単!時短!加圧トレーニング!

加圧トレーニングってなあに?

加圧トレーニングとは、加圧ベルトと呼ばれるベルトで鍛えたい部位の付け根を縛り、血液を一時的に貯留して行う筋肉トレーニングです。血液を貯留した状態で筋トレすると、血液に乳酸が溜まり、トレーニング後、器具を外すと溜まった高濃度の乳酸が脳へ行き成長ホルモンが分泌されます。これにより、普通のトレーニングよりも少ない量で筋肉をつけることが出来ます。また、筋肉量が増えると代謝も上がるのでダイエット効果も期待出来ます。

初心者には難しそう...

加圧トレーニングはそのストイックさから、初心者向けでない印象をうけてしまうかもしれませんが、そんな事はありません。正しいやり方さえ知れば誰でも簡単に出来ます。圧をかけるためのベルトのみで、大がかり器具は必要ありませんし、ちょっとした運動と共に使えます。また、今では加圧トレーナーと呼ばれる資格もあるので、その資格を持った人のいるジムへ行って相談してみるのも良いかもしれません。何事も怖がらず聞いてみましょう。

リハビリにも使える!!?

現在、加圧トレーニングは病院でのリハビリにも用いられてます。なぜなら、普通のリハビリトレーニングに比べ少しの量で筋肉を効率よく付けられるからです。足が不自由だったり、あまり激しい運動を長時間出来ない人などには、非常にメリットがあります。また、加圧トレーニングによる末梢神経から脳への刺激が、筋肉をつける以上のリハビリになると考えられています。そんな簡単かつ画期的な加圧トレーニング。試してみてはいかがですか?

加圧トレーニングなら横浜は個別の指導によって効率的に鍛えることが出来るので、痩身を目指したい場合には最適です。